自分好みの美味しい家淹れコーヒーの愉しみ方

oiccoffee.com

コーヒーの淹れ方

ドリップコーヒー・コーヒーメーカー

更新日:

 

ドリップタイプ(一杯抽出)

hiroshi nomuraさんによる写真ACからの写真

一杯分だけおいしく作りたい時に便利な「ドリップタイプ」は、ドリッパーやサーバーなどの器具は必要ありません。

カップに直接セットしてお湯を注ぐだけで、簡単にレギュラーコーヒーを楽しめます。

紙製のドリッパーには、あらかじめ一杯分の量のコーヒーが入っています。

ドリップタイプのおいしい淹れ方

ペーパードリッパーは、パッケージの書いてある組み立て方に従い、正しくしっかりとコーヒーカップにセットしましょう。

step
1
フィルターを開く。

ドリッパーの上部のフィルターを左右につまんで開きます。

step
2
ドリッパーを固定する。

左右にある「押す」と書かれた部分を内側に押し込み固定します。

step
3
カップにセットする。

ドリッパー底部の「カップの内側に差し込む」をカップの内側にしてセットします。

step
4
お湯を注ぐ。

一気に注がず、少量のお湯を含ませ、10秒くらい置いて蒸らした後2~3回に分けて分量のお湯を注ぎます(1杯分の目安は140ccです)。

ポイント

「この「蒸らし」が、おいしさを引き出すポイントです。

もちろん、通常のペーパードリップのように

使うカップはあらかじめ温めておくこと。

汲みたて、沸かしたてのお湯を使うこと(適温は95℃前後)

なども心がければ、よりおいしい一杯が楽しめます。

注意ポイント

カップを持ちながらお湯を注ぐと、ドリッパーが倒れ、火傷する恐れがありますのでおやめください。

フックタイプとコーヒーバッグ

一杯抽出タイプには他にも、カップに吊り下げた状態で抽出する「フックタイプ」、お湯を注いだカップに入れて、揺らすだけで抽出できる「コーヒーバッグ」があります。

コーヒーメーカー

hiroshi nomuraさんによる写真ACからの写真

スイッチを入れるだけで好みの杯数を淹れられるコーヒーメーカーは、シングルサーブから業務用まで多種多様です。

コーヒーメーカーのメリットといえば、一度に大人数分のコーヒーを淹れられることと、保温しておくことができる点です。

コーヒーメーカーのサーバーには大きく「ガラスタイプ」と「魔法瓶タイプ」の2種類があります。

「魔法瓶タイプ」ならコーヒーが煮詰まることなく、なおかつ酸化を抑えてくれるので、時間がたっても味がそれほど劣化しません。

また、アイスコーヒーを作るときにも便利です。

アイスコーヒーは冷蔵庫で2日くらいなら保存できるので、一度に仕込んでおけば手間が省けます。

コーヒーメーカーのいろいろな機能

ほとんどのコーヒーメーカーは、タンクに入れた水をボタンひとつで急速沸騰させ短時間で抽出します。

機種によっては「浄水機能」「ミル(豆から挽く)機能」「蒸らし機能」など高機能なタイプもあります。

「蒸らし」は抽出において大切な工程のひとつですので、よりおいしさを引き出すための機能がついたものは注目しておきたいところです。

コーヒーメーカーは自分好みのコーヒーを見つけるのにも便利

個人的にメリットに感じていることですが、コーヒーメーカーは「自分好みのコーヒー」を見つける際に便利です。

コーヒーメーカーの注湯は、人が手で行うよりも正確で一定です。

「豆の種類」「豆の挽き具合」「水の分量」などを変えて味の違いを試したいときは、注湯を一定に保ってくれるコーヒーメーカーほど便利なものはありません。

とくに、初心者の方で、コーヒーの淹れ方が未熟な方は、最初はコーヒーメーカーに頼って、「自分好みの味」を固めたあとに、いろいろな淹れ方にチャレンジするといいですよ。

また、アレンジコーヒーを試作するときなども重宝します。

コーヒーメーカー使うときのポイント

新鮮なコーヒー、新鮮な水を使うこと。

調整可能な範囲で自分の好みの味にコーヒーや水の量を加減してみる。

飲む分量だけ淹れるようにして、保温プレートでコーヒーを煮詰まらせないこと。

次に抽出するときの味に悪影響が出ないよう、使用後は部品をきれいに洗い、コーヒーかすや抽出液を残さないこと。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人

おいしい珈琲 編集長 モリシゲ

味のことなんて気にせずに飲んでいたインスタントコーヒー。 それが職場に設置されたバリスタで淹れたコーヒーを飲んで一変。 「インスタントコーヒーなのにこんなに美味しくなるなんて!なぜ?」 そして50歳の誕生日に自腹で買ったバリスタ。 名前を「バリリン」とつけた。 このことがきっかけでコーヒーにハマることに・・・。

-コーヒーの淹れ方

Copyright© oiccoffee.com , 2019 All Rights Reserved.