自分好みの美味しい家淹れコーヒーの愉しみ方

oiccoffee.com

コーヒーの淹れ方

フレンチプレス

更新日:

フレンチプレス

コーヒーとお湯を入れ、金属フィルターを押し沈めたらあとは注ぐだけ。

いわば抽出器具とポットが一体化した、手軽な淹れ方の一つです。

 

元々はフランスでコーヒー用の抽出器具として開発されましたが、日本では紅茶用に発売されてブームになった経緯から、コーヒーより紅茶用として親しまれてきました。

油分など様々な成分が抽出され、コーヒー本来の味わいを楽しめます。

引用:YouTube「フレンチプレスの美味しいいれ方 おすすめのコーヒー豆や器具の洗い方について

フレンチプレスに必要な器具

  • 《フレンチプレス》

「プランジャーポット」「カフェプレス」などとも呼ばれることもあり、サイズも様々です。

フレンチプレスに適したコーヒーと分量

コーヒーは深炒り~中炒り程度のものを、中細挽き~粗挽きにして使います。

一杯分のめやすはコーヒーの粉12~13g程度に対して、お湯は160ccが適量です。

フレンチプレスのおいしい淹れ方

step
1
コーヒーとお湯を入れる。

あらかじめ温めておいたガラスポットの中に杯数分のコーヒーを入れます。

step
2
コーヒーと湯をなじませる。

お湯を入れたらコーヒーとしっかりなじませ、乾いた粉がないようにします。
(ヘラ等を使うこともあります)

step
3
抽出する。

金網フィルターを下ろさない状態のまま(つまみを引き上げた状態のまま)ふたをかぶせて、4分程度そのまま置いて抽出します。

step
4
濾して注ぐ。

つまみを押して金網フィルターでコーヒーの粉を押し下げ、カップに注ぎます。

ポイント

挽き目が細いと抽出液のザラつきやにごりが気になる方もいるかもしれません。
挽き目や抽出時間を調整して好みの味わいをみつけましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人

おいしい珈琲 編集長 モリシゲ

味のことなんて気にせずに飲んでいたインスタントコーヒー。 それが職場に設置されたバリスタで淹れたコーヒーを飲んで一変。 「インスタントコーヒーなのにこんなに美味しくなるなんて!なぜ?」 そして50歳の誕生日に自腹で買ったバリスタ。 名前を「バリリン」とつけた。 このことがきっかけでコーヒーにハマることに・・・。

-コーヒーの淹れ方

Copyright© oiccoffee.com , 2019 All Rights Reserved.